2017.12.12 ミャンマー連邦共和国におけるヤンゴン都市圏上水整備事業(フェーズ1)の受注について
〜 ティラワ経済特区および市内への送水施設整備工事をクボタグループが2工区受注 〜


株式会社クボタ工建(本社:大阪市浪速区 代表取締役社長:荒川範行 以下、当社)と、株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区 代表取締役社長:木股昌俊)は、円借款によるヤンゴン都市圏上水整備事業(フェーズ1)において、ヤンゴン市からそれぞれ共同企業体として受注しました。

1. 案件の概要
事業名 ヤンゴン都市圏上水整備事業(フェーズ1)
施工場所 ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市 及び 郊外
発注者 ヤンゴン市開発委員会(Yangon City Development Committee)
請負者 (1工区) (2工区)
ポスコ E&C /クボタ 共同企業体 クボタ工建 / 丸紅プロテックス 共同企業体
契約日 2017年 12月5日 2017年 11月28日
工事概要 送配水ポンプ場(日量18万m3)
配水池、消毒施設等の建設
送水管路の建設
(ダクタイル鉄管φ700-1000×45km)
契約金額 約54億円 約51億円
工期 30カ月 24カ月

2. 背景
本事業は、日緬両国により整備が進められ、更なる拡張も予定されるティラワ経済特区を含むヤンゴン都市圏に上水を供給する事業です。
約45キロにわたり送水管路を布設する2工区を当社と丸紅プロテックス(東京都中央区)の共同企業体が、また、送配水ポンプ施設や配水池の建設が中心となる1工区は、ポスコE&C社(韓国・仁川市)と株式会社クボタの共同企業体が受注しました。各工事で使用するダクタイル鉄管やポンプは、株式会社クボタが製造・供給します。
ヤンゴンでは配水管網による給水を受けている人口は約3割にとどまっており、平均給水時間も短く、水質も良好でないことが長年の課題となっております。本計画は、地域の急増する水需要に対応する上水道サービスを改善し、同都市圏の生活環境の改善・向上並びに持続的経済成長への貢献が期待されています。

■本件に関するお問い合わせ先
 株式会社クボタ工建 東京支社海外部 井原 TEL:03-3245-4310


2017.08.07 『《下水道展'17東京》大盛況のうちに閉幕。ご来場ありがとうございました!!』

8/1(火)から4日間の日程で開催された《下水道展’17東京》(於.東京ビッグサイト) が、8/4(金)大盛況のうちに閉幕しました。
当社関連では、今年も〈ミニシールド工法〉と〈ダンビー工法〉が出展されました。おかげさまで両ブースとも例年を上回るお客様にご来場頂き、普段は間近で見ることの出来ない両工法の実演などをご覧いただきました。会場での説明だけでは不十分な点もあったかと思います。不足の部分につきましては《クボタ工建》の営業担当者がご説明に伺いますのでお気軽にお申しつけ下さい。
ありがとうございました!!





株式会社 クボタ工建
〒556-8601
大阪市浪速区敷津東1-2-47
TEL 06-4396-2310
FAX 06-4396-2311

お問い合わせ

ページの先頭へ